Profile
梅津 光司(Drs)

    〜Biography〜

 

秋田で生まれ、横浜で育つ。幼い頃、ラジオのFENから流れるスティーリーダンの 「リキの電話番号」を聴き、音楽に 目覚める。1988年から1994年までドラムの飯野工(たくみ)氏に師事し、ドラマーとしてプロデビュー。

  自己のトリオ 「O.T.G. (Open The Gate)」や Phillip  Strange  Trio 、Tony Guppy Group などでの演奏活動を経て、現在はTrack maker " Sary_Deepn", ”珈琲 灯屋(あかりや)” として創作活動を精力的にすすめている。

 Sary_Deepnでは2021年に1stミニアルバム『The Old Story』 2ndアルバム『Moonlit Train』、  3rdアルバム『 If  You  Go 』、4thアルバム『One Night's Story 』  5thアルバム『Hasui no Tsuki』をリリース(5作品ともにデジタル配信のみでの発売)

 珈琲 灯屋では2021年に『街のあかり』(アルバム)、『街角』(シングル)、2022年に『あしたの色』『灯屋ブレンド』(アルバム)、『Time』『まぼろしの駅』『落日』『夜半の月』『挽歌 (Remix)』『幻たちの街』(シングル)を発表している。

 公園通りクラシックス、Zimagine、狛江add9th, 東京倶楽部 や、その他、東京都内や横浜の各所のライブスペースでその演奏を聴くことが出来る。

 また、メンバーとして参加したCD「f.g.m.」(黒木千波留 作品)はNHK ETV 特集「そして一瞬は記憶された。 〜写真が語る戦争の世紀〜」のテーマ音楽、挿入曲として採用された。

 このCDは2017年から iTunes 、Amazon Musicなどで配信販売をはじめている。