top of page
 〜ちょっとご挨拶〜

 さて、今回ご紹介するのは珈琲灯屋の秋の新作『Yawarakai-kaze(Remix)』のダイジェスト動画。
  
 色々と思うに任せないことがある中で、そんなことを忘れるような「心のワンクション」になるサウンドにしたいと思いながら作りました。
 この曲で、みなさんにくつろいでいただけたら嬉しいです。
​ 
 全編の視聴はApple Musicなど、各サブスクで。そして曲のお求めはこちらiTunns storeからどうぞ。
 
 ぜひ、お聴きください。
 
On The Wayの ジャケット低画質.jpg
Sittin' green chair 珈琲灯屋
00:00 / 01:00
珈琲灯屋の4thアルバム。発売中。どうぞお聴きください!
まぼろしの駅.png
旅をしたくなる曲です!今は無くなったブルートレインで。。
IMG20210722140215_01.jpg
2022年最新プロフィール写真1.jpg
梅津 光司(Drs)
ⓒ 2023 All rights reserved Mitsushi Umezu 
アンカー 1
 〜ちょっとご挨拶〜

 さて、今回ご紹介するのはMoon Childの『Voyager』。
  
 そのサウンドは聴く者のイメージを心地よく刺激してくれます。
都会的だけど、とても深いパワーに触れたい。孤独が好きだけど誰かとつながっていたい。
そんな願望を持つ現代の人たちの「今」を感じさせてくれるグループのような気がします。
 
 秋におすすめです。
  
 ぜひ、くつろいでお聴きください。
 
 〜ちょっとご挨拶〜

 さて、今回ご紹介するのはby Alexanderの『DEAR THERAPIST』。

Deepなサウンドの Jazz Ballad です。

 検索していただけると分かりますが、Alexanderはかなりの個性の持ち主。
しかしその美意識は凄まじいものがあるようです。

 秋におすすめ。電車の中で聴くも良しですよ。
  
 ぜひ、くつろいでお聴きください。
 
​ご試聴はこちらで。
Cloudy Moon ダイジェスト
Welcome to  " Jazz drummer  Mitsushi Umezu 's home page".    Please relax and enjoy!
 〜  ちょっとご挨拶 2 〜

 さて、今回ご紹介するのはキケ シネシの『Cava vez que siento tu amor』。

爽やかでDeepなサウンドの曲です。

キケ シネシはアルゼンチンのギタリスト。彼が音を出すとすぐにその音世界に導かれます。
「生音のギターって素晴らしいな。」と誰もが思うことでしょう。

 こちらもぜひ、くつろいでお聴きください。
 
​あけましておめでとうございます。今年がどうぞ皆様にとって良い年となりますように。  A Happy New Year !!
 〜  ちょっとご挨拶 1 〜

 さて、今回ご紹介するのは ジェイコブ ・コリアー の『 Never  Gonna Be  Alone 』。

爽やか、そしてDeepなサウンドで、新春にふさわしい曲です。

   ジェイコブ ・コリアーは多彩なピアニスト。テクニックもセンスもユーモアも素晴らしい
音楽家。 この曲ではギタリストのジョン・メイヤーのソロも聴けます。

 ぜひ、くつろいでお聴きください。
 
 〜  ちょっとご挨拶 1 〜

 さて、今回ご紹介するのは ジョン ・メイアー の『 last  Train  Home 』。

ロックだけれども歌心たっぷりなソロを聞かせてくれる彼の、新春にふさわしい曲です。

   ジョン
 ・メイアーはロックギタリスト。歌い方もソロのセンスも素晴らしい音楽家。 テクニックに頼らない彼の演奏はずっと憧れでした。

 ぜひ、くつろいでお聴きください。
 
 〜  ちょっとご挨拶 1 〜

 さて、今回ご紹介するのは マーク ・ キャリーの『 TAIWA』。

印象的なメロディーとSoul を感じるサウンドで、聴く人をTripさせる秀逸な曲です。

 マーク
 ・ キャリーはジャズピアニスト。静かなだけではなく激しく音を突きつけてくる演奏もする、レンジの広い音楽家。 今回はオリエンタルでDeepなサウンドを奏でる彼の紹介です。

 ぜひ、くつろいでお聴きください。
 
 〜  ちょっとご挨拶 1 〜

 さて、今回ご紹介するのは 私のトリオ O.T.G.の演奏する『 パリャーソ』。イグベルト・ギスモンティの曲です。

この曲の持つ軽やかなメロディーは、とても良い気分になる効果があるようです。

 メンバーの
ピアニスト、鈴木奈緒さんのこの時の演奏は、「自由」を感じさせてくれて素敵でした。

 ぜひ、くつろいでお聴きください。
 

    〜Biography〜

 

秋田で生まれ、横浜で育つ。幼い頃、ラジオのFENから流れるスティーリーダンの 「リキの電話番号」を聴き、音楽に 目覚める。1988年から1994年までドラムの飯野工(たくみ)氏に師事し、ドラマーとしてプロデビュー。

  自己のトリオ 「O.T.G. (Open The Gate)」や Phillip  Strange  Trio 、Tony Guppy Group などでの演奏活動を経て、現在はTrack maker " Sary_Deepn", ”珈琲 灯屋(コーヒーあかりや)” として創作活動を精力的にすすめている。

 Sary_Deepnでは2021年に1stミニアルバム『The Old Story』 2ndアルバム『Moonlit Train』、  3rdアルバム『 If  You  Go 』、4thアルバム『One Night's Story 』  5thアルバム『Hasui no Tsuki』をリリース(5作品ともにデジタル配信のみでの発売)

 珈琲 灯屋では2021年に『街のあかり』(アルバム)、『街角』(シングル)、2022年に『あしたの色』『灯屋ブレンド』(アルバム)、『Time』『まぼろしの駅』『落日』『夜半の月』『挽歌 (Remix)』『幻たちの街』『リィンカーネーション』『Yawarakai-kaze Remix』『Cloudy Moon』『Beyond the sky』『Eternal Affection』『Hi Sai night memory』(シングル)、2023年に『Living Town Colors』(シングル)を発表している。

 公園通りクラシックス、Zimagine、狛江add9th, 東京倶楽部 や、その他、東京都内や横浜の各所のライブスペースでその演奏を聴くことが出来る。

 また、メンバーとして参加したCD「f.g.m.」(黒木千波留 作品)はNHK ETV 特集「そして一瞬は記憶された。 〜写真が語る戦争の世紀〜」のテーマ音楽、挿入曲として採用された。

 このCDは2017年から iTunes 、Amazon Musicなどで配信販売をはじめている。

 

bottom of page