今出来ることは。。

April 1, 2020

ミュージシャンのライブ自粛が相次いでいる。

息を詰めての潜水状態を始め、未だ呼吸をするため水面に向かって上昇することが許されない状況だ。人と会わないこと。「3密」を避ける。そのことの有用性はなかなか実感できるものではないかもしれない。だが、ニューヨークの市民からのメッセージに目を引くものがある。「2週間前ニューヨークも今の日本と同じ様子でした。大丈夫だろうという気持ちでレストランで食事をし、街を歩く。。その時の感染者数は200人。そして現在は2万人を越えた。日本の皆さん、どうぞニューヨークのことを参考にしてください。こうならないように街に出ないで下さい。人と会わないでください。」

叫びのようなメッセージの先に今後の東京の姿を想像し、言葉を失った。

だが、その東京のイメージを頭を振って振り払った。まだ、そして今から出来ることもある。そう思って、「今出来ること」について改めて考えはじめた。

そんなときに目にした、一人のミュージシャンの文章を引用します。

 

ーーー 状況は刻一刻と変わっている。

「音楽の力でコロナを吹き飛ばせ」「音楽で免疫力アップ」という段階はとっくに過ぎてしまった。

そして「こんな中、来てくれたお客様のために」あるいは「オファーのある限り」という段階も。

今、イタリアやスペイン、あるいはニューヨークで起こっていることは決してSFパニック映画の1シーンではない。それは来週の東京であっても全く不思議ではない。

今は我々の社会基盤そのものが持ちこたえるかどうか、という局面に近づいているように思える。

ミュージシャンの基盤は演奏する場所と機会。そしてそれは生活に直結する。

しかしその場所と機会もこの社会的基盤の上に成り立っている。

そして現在、その命運を担っているのは医療の現場。それを守り抜くことが長い目で見て我々を守ることになるのではないだろうか。

この危機的状況がいつまで続くかはわからない。しかし、もしそれを少しでも短くすることが出来る選択肢があるならば。

皆、それぞれの考え方があると思う。

しかし状況は刻一刻と変わっている。

皆、それぞれの考えを持ちながら、状況に応じて柔軟に修正していくのも大事だと思う。

また、皆んなでワイワイ出来る日が一日も早く来るために今、我々に出来ることを。

(SNSの滝川雅弘さんの文章から引用)

 

 

(SNSの滝川雅弘さんの記事から引用)