贈与

April 4, 2018

棚上げして宙づりにしていた事柄。何故、そうし続けていたのかが解った。

「事後的に解る。」。。。やはり、そうなのか。。。

 

「読解力というのは量的なものではありません。僕が考える読解力というのは、自分の知的な枠組みを、自分自身で壊して乗り越えていくという、ごくごく個人的で孤独な営みであって、他人と比較したり、物差しをあてがって数値的に査定するようなものではない。読解力とは、いわば生きる力そのもののことですから。」(内田樹)

   

   彼のいう「読解力」は「表現力」におきかえてもよく理解できる。

 

「現実で直面するさまざまな事象について、それがどういうコンテクストの中で生起しているのか、どういうパターンを描いているのか、どういう法則性に則っているのか、それを見出す力は、生きる知恵そのものです」(内田樹)

   

   その「見いだす力」は出会った人によって自分が押し広げられることで得られる。

 

自分は彼らからの「贈与」を今、実感している。

 

 

 

 

Please reload

特集記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

最新記事

March 17, 2019

February 9, 2019

January 27, 2019

November 18, 2018

Please reload

アーカイブ