石川九楊展

 23日(日)に上野の森美術館での「石川九楊」展を観て、Phillip Strangeの演奏を思い出した。

 石川九楊の若い頃の作品には特に「時間」が織り込まれているのを強く感じたのだが、一枚の紙の中に彼の思いが時には断層のように、あるいはオーバーラップして放り込まれている様子がPhillip Strangeの「うねり」「感覚の広がり方」に通じるように思え、興味深かった。

 「逆巻く書」。 そして黒塗りの中に黒で文字を書き込んでいく感性。字を真っ黒く塗りつぶす行為。「これは将来、何かを浮かび上がらせるために必要な手続きだったのかな?」などと考えながら小一時間の鑑賞を終えた。 

特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now