Robert Glasperを地平に置く

  Robert Glasperの気づきは音楽だけの問題ではない。

「繰り返すということ」の心性、つまり心地良いところに居続けたいという欲求。

その「逃れ難い欲求」のツボをを探り当て、そこを押す音楽を彼は会得した。

「ループ」の罠は心地良さのなかに人を取り込むことだ。

手触りや過ごしてきた時間の思い出が、ふっと蘇ってくるという感覚ではなく、

神経に直接働きかける「針」の効用にも近い。あまりに身体的で逃れようがないのだ。

Robert Glasperはこの効果をよく知っていて、魔術の切り上げの勘所も卓越している。

インターネットラジオでよくかかるPaul Hardcassle などもこの効果をよく知っている

ようだ。

 「始まりは何かが終わったことを意味する」ということの理解は「気づきと心構え」を持って次のスタンスをとることに繋がり、「終わることを受け入れる」気持ちをもたらすが、「心地良いところに居続けたいという欲求」をみたす「ループ」状のものはこのスタンスを阻害する。

聴くものに「心地良さ」の熱狂をもたらすRobert Glasperは、一度地平に置き、「こういう術師もいる」という心構えで彼のことをみていこうと思う。

特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now