『クラフト・エヴィング商會』はご存知?

August 10, 2016

 

『クラフト・エヴィング商會』をご存じだろうか?『クラフト・エヴィング商會』とは、作家の吉田篤弘氏とその妻・吉田浩美氏によるアート、デザイン、本の装幀などを手がける創作ユニット。また、ユニット名がそのまま架空のお店であり、彼らで3代目という設定になっている。

 

『それからはスープのことばかり考えていた』『空ばかりみていた』などは自分が吉田篤弘の作品を読むきっかけになった本だが、彼の懐はまだまだ深そうだ。「作り手」「構築家」「悩む人」といった紹介をしたくなる作家。

 今回紹介する本は『すぐそこの遠い場所』。

何も知らずに読み進めると、あとがきにまで欺かれるという、ある種、痛快な「変な読み物」

是非どうぞ!

Please reload

特集記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

最新記事

March 17, 2019

February 9, 2019

January 27, 2019

November 18, 2018

Please reload

アーカイブ