珈琲 灯屋『あしたの色』作成手記 2

 好きだった場所を失ったり、自分が若いころに歩いていた街が様変わりしていくのを見るとき、自分が脇に追いやられたような感覚を持つ。誰もが自分の時間が変わることが、それほど早く来るとは想定して生きてはいない。

 今回、このアルバムをつくるとき、馴染みのホームタウンを歩いて街の音を録音し、写真を撮ったのだが、それがかなり自分の音楽作りに影響を与えてくることに驚いた。

 

 人の時間が交差する街。

 

 街の喧騒を離れ、ゆっくりしようとするのが以前の自分の常だったのだが、街をゆっくりと歩き、街の中の一人の人間としての自分を遠くから見て曲を作ると、妙に納得できたのだ。「すべて変わっていく」ということが、、。


寂しいとか、悲しいではなく、不思議に「そうだね」とうなづくような思いで作ることができたアルバムになりました。









特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square