父が教えてくれたこと

 老いた父の身体を見た時、この人を労わらなくてはならないと感じ、こんな形で自分の中の「親子関係」のわだかまりにケリをつける日がくることになるとは思ってもいなかった。

 父が老人となり、もうそれほど多くの時間一緒にいられないことを予感する時に「自分もこのように老いた体となり、終える」その姿をアバターとして実感した。


 老いた姿を見せるのも親の最後の仕事なのだということを、父は私にその身を持って教えてくれたのだろう。

 この数日で、自分の中のものが明らかに変わり、時間の意味までもその色を変化させたように思える。

だがそれは悪いことではなく、自分が素直になれたということなのだ。

 「父さん。僕の父でいてくれてありがとう。。」




 


特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square