『夜半の月 ( よわの月 )』に寄せて

 狛江add9thのマスターが仕事帰りに撮った「夜半の月」の写真と萩原朔太郎の詩をfacebookにアップしているのを見て読んで、「自分もこの気分を知っている。。」と思っていました。

 

 夜中(夜半)に仕事を終え、一人帰るときの気分。「孤独」と「到着地のわからない道を歩いている気分」。

人には言わない言葉を心の中で呟き、月を見る。

 そんな情景が浮かんできて、この曲を作ることにしたのです。


 長年続けてきた演奏帰りに「一人夜中の道を歩く」こと。その時に吸った冬の空気。

その記憶が自分の感覚の奥深いところに置かれているのを知って、少し驚いています。


 このコロナの時期が自分のその感覚を掘り起こしているのか。。と、今あらためて実感しているところです。




 


特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square