「声の力」を纏(まと)う

 歌詞の力、声の力。

自分がまず取り入れたいのは後者の方。

 自分のフィールドのようなものを実感した今、その中で何ができるか、何が出てくるかが楽しみなのだが、そのあとで「歌詞の力」を確認する作り方になるのは間違いなさそうだ。


 5年前に想定した自分の音楽人生とは全くかけ離れているように思える日々だが、実は地続きなのかもと思い始めている。

 

 紀貫之が仮託した作品で自分を表したように、自分のアバターたちが自由に音の中で生きることを優先し、願う。

「声の力」「歌詞の力」を身にまとって踊るのも楽しそうに思える近頃なのです。




https://music.apple.com/jp/album/iza-yoi-single/1579369557

特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square